狭心症 足 むくみ

狭心症が重症化することで、足にむくみが生じます

狭心症の症状がある場合には、足にむくみが生じ、むくみ方もかなり激しくなります。
その理由として狭心症は心臓の血管に異常をきたす病気なので、重症化することによって全身の血流が悪くなります。
これによって足の血液の流れも悪化し、循環が上手く行かないことによってむくみが起きます。

スポンサーリンク

症状が軽い時にはヒールや革靴などを履いた時のようなむくみ方ですが、症状が重たくなることによって腫れたような症状になります。
このような症状に足がなった時には、すでに狭心症が進行していることが考えられるので、すぐに専門の病院を受診することです。
専門の病院を受診することによって、適切な検査や治療を受けることができます。
特に糖尿病といった生活習慣病も併発している場合には、足の血液の循環が上手く行かないことによって違う病気も発症している高まります。
中でも注意することが、血液が流れないことによって起こす壊死で、早期に治療を受けることによって防ぐことができます。
狭心症の場合、足にむくみを感じることがあります。
狭心症は、心臓の血管内に血栓ができ、血流が悪くなることによって心臓の筋肉が壊死する疾患です。

スポンサーリンク

心臓の筋肉、いわゆる心筋が壊死することによって全身に血液を循環させる心臓の機能が果たせないことから全身の血流濃度低下し、比較的血管の末端部に位置する足元がむくむようになります。
むくむようになった場合には、すでに狭心症の症状が出ている場合が高く、すぐに治療を受けることが重要になります。
具体的な症状として、不正脈のような脈拍が途切れるような感覚やめまい、冷や汗といった症状がある場合には、すでに重症化している可能性も高く、緊急の手術が行われます。
狭心症の手術には、カテーテル手術が用いられ、血管内に管を通して心臓の血管内にある血栓を取り除き、必要に応じて血管の拡張などを行います。
体を開く範囲が少ないので、手術リスクが小さく、身体への負担も少ないので、完治も早いです。

スポンサーリンク