食事中 不整脈

食事中の不整脈は特別なことでしょうか

食事中に不整脈の症状の1つである「動悸」を覚える人は比較的多くいます。
では、食事をすることと不整脈には何らかの関係があるのでしょうか。
その因果関係を見る前に、まずは不整脈という状態を簡単に知っておきましょう。

スポンサーリンク

これは心拍数やそのリズムが一定ではなく心電図に異常が見られる状態です。
症状を訴えるのは高齢者が多いですが、それ以外にも幅広い年齢層で見られます。
そもそも心臓は血液を全身に送り出す役割を担っています。
そのための原動力は電気刺激です。
この信号を最初に受け取るのは右心房です。
右心房が刺激によって興奮することで、心臓内の様々な場所に刺激が伝わって行きます。
そうして心筋全体が動くようになって、ようやく血液は全身に運ばれるのです。
この経路のどこかで異常が起き、正常に刺激が伝わらない状態が不整脈です。
それが明確に現れるのは心拍数の異常です。
正常の心拍数は1分間に50〜100回です。
この基準値よりも下ならば徐脈、上回るならば頻脈と呼ばれます。
徐脈と頻脈の他に、心拍数は正常でも規則的なリズムを刻まず、時々脈が飛んでしまう期外収縮という状態もあります。

スポンサーリンク

この3つの状態のどれかが確認出来ると、不整脈の可能性があります。
また健康な人でも体調が悪い場合には、一時的とは言え全く自覚症状がないまま日常生活を送っていることもあります。
心電図に異常が生じる原因は多岐に亘ります。
冠動脈疾患や先天性心疾患、心臓弁障害など心臓そのものに疾患を抱えている場合だけでなく、飲酒・喫煙・運動不足・睡眠不足・疲労・ストレスなどと言った生活習慣全般、加齢や服薬している薬の副作用などもあります。
また、甲状腺機能の異常や肺に問題がある場合でもなりやすいです。
訴えの多い症状としては、頭痛・吐き気・息苦しさ・動悸・だるさ・失神・胸の不快感や痛み・めまい・逆流性食道炎などが挙げられます。
不整脈はいつ誰がなっても不思議ではないものです。
例えば食事中になったからと言って、それは特別なことではありません。
ただし、不整脈がどれほどの危険性を孕んだものであるかは心電図次第なので、きちんと病院に行くことが大切です。
その際には、いつ、どんな時に、どのような症状が出るのかを医師に伝え、食事中に出やすいという情報もきちんと言いましょう。

スポンサーリンク