不整脈 回数

不整脈の回数について

不整脈のほとんどは、治療を行う必要のないものになっています。
ですが、場合によっては心臓にトラブルを抱えてしまっていて、その一つの症状として現れる場合もあります。
この場合には、命の危険性があるので注意する必要があります。

スポンサーリンク

心臓には刺激伝達系と呼ばれている心筋の中を走っている一方通行の電気が流れている回路が縦横に張り巡らされていることになっています。
一番上に存在している洞給筋と呼ばれているところから発することになる興奮が脈拍となり、この回路を伝わっていくことによって心房、心室まで電気が到達してくることになります。
脈拍の回数は大人の場合なら安静時に1分に60〜80回程度になります。
早足で歩いたりすることによって回数も上がってくることになります。
発生された刺激は決まったコースに伝わり、心臓に全体に広がってきます。
そして、心臓はリズミカルに収縮を繰り返していくことになります。
脈拍数が正常よりも大きく増えてしまったり、減ってしまったりする状態のことを不整脈といいます。
不整脈には3つのタイプが存在しています。

スポンサーリンク

心臓の収縮回数が多い傾向にある頻派、心臓の収縮回数の少ない徐派、規則正しい脈の中に一つ早く収縮が起こってしまい、一拍ぬけているようにも感じることになる期外収縮のタイプが存在しています。
3つのタイプの中でも期外収縮はよくある不整脈になっています。
ホルター心電図を取ってみると普通は、8割以上の人にこの期外収縮が数個以上見られています。
期外収縮が起こっていたとしてもほとんどの人は自覚症状がなく、症状が見つかったときには健康診断や他の病気などによって受診したときなどが多くなっています。
不整脈に関しては、特に心配する必要もないことが多いですが、場合によっては放置してしまうことによって後になって命に関わってしまうこともあるので注意する必要が出てきます。
治療が必要になってくる不整脈は、失神を伴ってしまうような発作や救急蘇生などを必要とする場合は、治療を行う必要があります。

スポンサーリンク