狭心症 発作 対応

狭心症の発作時の対応法に救急車の活用があります

狭心症とは、心臓の疾患の一つです。
心臓の血管の内部に血栓が発生し、血液の循環を妨げることによって血流が止まり、心臓の筋肉が壊死する病気のことを指します。
症状の自覚症状は重症化されるまで気づくことが少ないですが、めまいや冷や汗などの症状が現れたり、定期的にこのような症状が発作のように起こる場合には、狭心症の可能性があります。

スポンサーリンク

さらに発作として人によっては歯痛や背中への痛みを生じる場合もあります。
発作が起きた場合の対応方法としては、掛かり付けの医師がいる場合には相談すると良く、そのような医師が身近にいない時には、心臓疾患を専門とする医療機関を受診することです。
専門の医療機関は、狭心症などの心臓疾患が年々増加傾向にあることから増加しており、専門の医療機関を受診することによって専門の機器を用いて検査を行ってくれるので、狭心症かどうかの診断を正確に行い、病気の場合には適切に対応してくれるので、安心です。
狭心症は、再発する可能性が高い病気です。
このため、発作が起きた際には適切な対応が求められます。
発作には心臓の音が途切れたり、冷や汗、めまいなどの症状がありますが、このような症状が発生した際には、すぐに救急車を呼ぶことです。

スポンサーリンク

発作の大きさによっては意識を失うこともあり、一刻を争う場合も考えられます。
救急車を呼ぶ対応を行うことで、狭心症の治療を受けた医療機関へ優先的に運び、その医療機関にはこれまでの治療履歴があるので、適切な処置を受けることができます。
また、重症な場合には緊急手術などの専門治療も受けられます。
また、患っている方以外にも初めて狭心症特有の発作が発生した方も同様の対応が求められます。
その理由として、初めての方は症状を甘く考えてしまいがちで、そのために医療機関に向かうために自動車を運転し、その途中で意識を失って重大な交通事故を起こしてしまうケースがあるため、被害を防ぐためにも状況に応じて救急車を活用するとよいでしょう。。

スポンサーリンク