心筋梗塞 徐脈

心筋梗塞による徐脈について等

心筋梗塞とは心臓に関わる疾患の一種で、心臓の筋肉の一部に壊死が起きてしまうという疾患になります。
心臓は大部分が筋肉で形成されている臓器で、血液を全身に送るためのポンプの役割を果たしています。
心臓の筋肉を始めとする全ての筋肉が正常に機能するためには、血液によって酸素や栄養が充分に供給される事が必要不可欠です。

スポンサーリンク

心臓の筋肉に酸素や栄養を送るのは冠動脈という太い血管なのですが、時としてこの動脈に異常が現れる事があります。
冠動脈に異常が現れると血液の供給が途絶えてしまい、心臓の筋肉に壊死が発生する心筋梗塞を発症してしまうのです。
 冠動脈に現れる異常としては血管内に血栓が出来る、血管が圧迫を受けて潰れたような状態になる等が挙げられます。
前者は動脈硬化が原因となって病変が血管内に発生して、その病変が崩れる事で血栓が出来てしまうケースが多いです。
後者は冠動脈の近くにある筋肉に過度の収縮が発生する事で、それによって冠動脈が圧迫されてしまうというものになります。
 心筋梗塞を発症した場合に現れる症状としては胸の痛みや圧迫感、締め付けられるような感覚を覚える等が挙げられます。
これらの症状は30分以上に渡って継続する場合が多く、ひどくなると意識障害や呼吸困難等の症状が現れるようになります。

スポンサーリンク

 それ以外にも患者の中には徐脈の症状を訴える人がいますが、この徐脈は迷走神経の緊張等によって引き起こされます。
迷走神経とは脳神経の一種で首や胸部の臓器、腹部の一部に走っている神経になります。
心筋梗塞が起きると迷走神経が緊張状態になり、その影響によって徐脈や血圧の低下等の症状が現れます。
 心筋梗塞の治療方法については一刻も早く冠動脈の詰まりを解消して、心臓へ充分な血液を届ける事が目標になります。
この冠動脈の詰まりを解消する方法としては、薬物療法や専用の器具を挿入する等の方法があります。
前者は血管に血栓を溶かす薬を投与するというもので、後者は風船のような器具を患部に挿入して膨らませるという方法等です。

スポンサーリンク