心筋梗塞 脈拍

心筋梗塞の場合の脈拍について等

心筋梗塞とは心臓に関わる疾患の一種で、心臓を動かしている筋肉の一部に壊死が起こるという疾患になります。
心臓は大部分が筋肉によって構成されていて、血液を全身に送るためのポンプの役割をしています。
心臓の筋肉に限らず全ての筋肉が正常に機能するためには、血液によって酸素等が充分に供給される必要があります。

スポンサーリンク

 つまり何等かの理由によって血液の供給が不充分になると、筋肉が正常に機能出来なくなって壊死が起こる事があるのです。
これが心臓に起きたのが心筋梗塞という疾患で、心臓に血液を送る冠動脈の異常で発症する事になります。
 心筋梗塞が発生する直接的な原因は冠動脈の異常ですが、その異常を発生させる原因はいくつか挙げられます。
最もよく知られている原因が冠動脈の詰まりで、冠動脈内に血栓が出来る事で血管が詰まり血流が悪くなるというものです。
それ以外にも冠動脈の近くにある筋肉が何等かの理由で過度の収縮を起こすと、冠動脈も圧迫されて血流に影響が起きる事があります。
 心筋梗塞を発症した場合に現れる症状としては胸部の強い痛みや圧迫感、締め付けられるような感覚等が挙げられます。

スポンサーリンク

これらの症状は30分以上続く事が多く、状態がひどくなると意識障害や呼吸困難等の重い症状が現れてきます。
 ちなみに心筋梗塞を起こした場合には脈拍にも異常が現れるようになり、その内容は人によって異なります。
具体的には脈拍が早くなるという人もいれば、それとは逆に脈拍が遅く弱くなるという人もいるのです。
 心筋梗塞の治療方法については何よりもまず、冠動脈の詰まりを取り除く事が重要なポイントになります。
具体的な方法としては薬を静脈や冠動脈に注射で注入して、血栓を溶かすというのが知られています。
それ以外にも詰まりが起きている部分に風船のような専用の器具を挿入して、それを膨らませる事で血管を広げる等の方法もあります。
これらの治療は開始が早ければ早いほど筋肉の壊死範囲を少なく出来るので、発症に気付いたら素早い対応が必要だと言えます。

スポンサーリンク