心筋梗塞 壊死 その後

心筋が壊死してしまう心筋梗塞のその後

心筋梗塞を発症したら、その後、どうなるのかというと後遺症が残ります。
命を落としてしまうこともあります。
心筋梗塞とは、心臓の筋肉である心筋が壊死してしまう病気であり、壊死した心筋は、その後、回復することは皆無です。

スポンサーリンク

現在の医療では、不可能なことなのです。
従って、心筋梗塞を発症してしまったら、その後は、心臓の機能が失われることになりますので、後遺症が残ったり、命を落としてしまうことになるのです。
但し、まったく望みがないというわけでもないのです。
心筋が壊死してしまう原因は、心臓の血管が詰まってしまうからです。
血管が詰まり、心臓に血液が届かなくなってしまうので、心筋は壊死してしまうのです。
ただ、血管が詰まった直後から、心筋の壊死が始まるというわけではなく、若干ではあるのですが、猶予がある場合があります。
従って、心筋梗塞を発症しても、すぐに治療を受けることができれば、後遺症が残ることがなく、もちろん、命を落とすこともなく済む可能性はあるのです。
すぐに治療を受けるためには、当然、すぐに医療機関へ行く必要があります。
そして、すぐに医療機関へ行くためには、発症していることを認識する必要があります。

スポンサーリンク

代表的な症状は、強い胸の痛みや胸が強く締め付けられる感じです。
但し、この症状が15分以内で治まるようであれば、狭心症という別の病気の可能性が高いと言えます。
従って、症状の継続時間を測定することが、心筋梗塞であるか否かを見極めるポイントとなります。
しかし、そんな見極めは、素人が行う必要はないのです。
素人が見極めたところで、適切な処置ができるわけではありませんし、もし心筋梗塞だったとすれば、貴重な15分間を無駄なことに費やしてしまったことになります。
また、狭心症は心筋梗塞の前段階と言われる、決して侮ってはいけない病気ですので、こちらも発症したら、できるだけ早く治療を受ける必要がある病気です。
従って、胸に痛みや締め付けといった強い症状を感じたら、直ちに医療機関へ向かう段取りをするべきなのです。

スポンサーリンク