心筋梗塞 予後生活

心筋梗塞の予後生活について等

心筋梗塞とは心臓に関わる疾患の一種として有名で、心臓の筋肉の一部が壊死してしまうというものになります。
心臓は多くの部分が筋肉で構成されている臓器で、血液を全身に送るためのポンプの役割を担っています。
 心臓の筋肉に限らず全ての筋肉が正常に機能するためには、血液による酸素等の充分な供給が必要になります。

スポンサーリンク

しかし何等かの理由によって血液の供給が滞ると、筋肉は正常に機能出来なくなって壊死を起こしてしまう事があるのです。
この筋肉の壊死が心臓の筋肉で起きたのが心筋梗塞で、冠動脈の異常によって発症する事になります。
 冠動脈とは心臓の筋肉に血液を送る事を役割としているため、この動脈に異常が現れると心臓の筋肉に影響が及びます。
冠動脈の代表的な異常として挙げられるのが、何等かの理由で血栓が発生してしまうというものです。
それ以外にも冠動脈近くの筋肉が過度の収縮を起こしてしまうと、冠動脈も圧迫を受けて血流が滞る事があります。
 心筋梗塞を発症した場合に現れる症状としては胸部の痛みや圧迫感、胸が締め付けられるような感覚等が挙げられます。
一般的にはこれらの症状が30分以上は続くと言われていて、ひどくなると呼吸困難や意識障害等が現れる事も少なくないです。

スポンサーリンク

 心筋梗塞の治療に関しては何よりもまず、冠動脈の血流を正常に戻す事が重要なポイントになります。
具体的には薬を注入して血栓を溶かしたり、風船のような器具を挿入して膨らませて血管を広げる等の処置が行われます。
これらの処置が早ければ早いほど筋肉の壊死の範囲が少なくなるので、出来るだけ早急に対応する事が大切です。
 ちなみに心筋梗塞の予後生活については、食生活や生活習慣の改善を行う事が大切になってきます。
具体的にはウォーキングをする等して運動不足を解消したり、脂質の多い食事は控える等があります。
他にも予後生活では必要に応じて薬の服用を行う場合もあり、予後生活をきちんと管理する事で状態の改善を図る事が出来ます。

スポンサーリンク