心筋梗塞 食事 コーヒー

心筋梗塞で重要視されている食事面とコーヒーが持つ不思議な効果

心臓に関係する病気のひとつに「心筋梗塞」があります。
冠動脈が塞がってしまうことにより、心臓へ血液が流れなくなってしまう状態に陥り、
酸素不足から心筋の壊死にも繋がる病気です。

スポンサーリンク

虚血性心疾患のひとつに挙げられています。
激しい胸の痛みが15〜30分以上持続すると言った特徴がみられます。
心筋梗塞の代表的な治療方法としては、薬物・カテーテル・手術と言った3種類の方法が挙げられ、一般的には患者の状態などを照らし合わせて採用される治療方法が決められていくことになります。
近年では、それらと同様に重要視されているのが食事面であり、食事療法とも呼ばれています。
心筋梗塞を含む心疾患による死亡者数は、全体的に増加傾向にあると言われており、減少する場合もあるものの一時的なものとして考えられています。
日本人の食生活は、昔から和食が中心となっていましたが、時代の流れに比例して欧米化が進むにつれ、魚類を食べる機会が減り脂肪分豊富な肉類を多く摂取する食生活へと変化したことも、その背景として挙げられます。
心筋梗塞を患った人の食事では、減塩、低脂肪且つ低コレステロール、食物繊維・ビタミン・ミネラルの摂取、規則正しく1日3食食べることが原則と言われています。

スポンサーリンク

また、趣向品やファストフードなども詳しく見ていくと、油分や塩分が豊富なラーメンについては制限が設けられるものの、野菜を多めにしたりスープは残すなどの工夫である程度の摂取は許容されます。
尚、ファストフードについては、トランス脂肪酸の含有量が多い傾向にあるため注意が必要です。
そんな中、意外にも「コーヒー」の摂取が推奨されています。
これは、コーヒーを摂取することによって、血管に血の塊が詰まることから生じる血栓を作りにくくする効果がある、と言う研究結果が出ているからです。
心筋梗塞の傾向として、朝の起床時に発症するケースが最も多く、ストレスがかかると血が固まりやすくなると言われています。
そのため、起床後にモーニングコーヒーをゆっくりと楽しむことは理に適っているとされ、心筋梗塞の予防にもなるのです。

スポンサーリンク