心筋梗塞 予防 食べ物

心筋梗塞を予防するための食べ物とは

心筋梗塞は心臓の血管が何らかの原因で詰まったり狭窄してしまったことで心臓の筋肉に血液が行き届かなくなってしまった状態です。
その状態が長く続けば心臓の筋肉が壊死してしまうこともあるため、早めの治療が必要になります。
心筋梗塞は心臓の機能が低下してしまうことから初期症状として足や顔のむくみや息苦しさ、咳、痰、消化不良、食欲不振などの症状が現れることがあります。

スポンサーリンク

初期症状の段階で治療を開始することができれば治療方法も投薬だけで様子を見る事になったり、入院する場合でも入院期間が短くなりすぐにでも退院することが可能なため、何らかの症状があると感じた場合にはすぐに病院で診察を受けることが重要です。
また、心筋梗塞は生活習慣病と言われている高血圧や肥満から引き起こされるケースがほとんどのため、生活習慣の改善をすることで発症を予防することができます。
予防のためにはまず食べ物に気をつけることからスタートしてみましょう。
心筋梗塞は心臓に繋がる血管の血栓や狭窄が原因なのですが、その原因は血液中のコレステロールや中性脂肪の増加にあります。
食べ物から摂取しすぎたこれらの栄養素は血液に溶け込んで全身を巡りますが、血管に溜まってしまうと血栓を作ってしまいます。

スポンサーリンク

また、血液の量が増えることで全身に血液を送る働きをする心臓の負担が増加してしまうと、送り出された血液を受け止める動脈にも負担がかかって動脈硬化を引き起こしてしまい血栓や狭窄ができやすくなります。
心筋梗塞の予防のためには食べ物に注意をすることが重要です。
中性脂肪やコレステロールを増やしてしまう揚げ物など油脂分や糖分の多いものを避けるようにしたり、水分をため込む働きがあり血液の量を増やしてしまう塩分の摂取量を制限する、バランスの取れた食生活を送ることで心筋梗塞の原因となる高脂血症や高血圧を防いで、発症を抑制する効果が期待できます。
生活習慣の改善を行うことが心筋梗塞予防の第一歩ともいえるのです。
普段からの生活を見直して、心筋梗塞を予防していきましょう。

スポンサーリンク