心筋梗塞 手術 時間

心筋梗塞の手術でかかる時間について等

心筋梗塞とは心臓に関わる疾患の一種で、心臓の筋肉の一部に血液が届かなくなり壊死が発生するというものになります。
心臓は多くの部分が筋肉によって形成されていて、血液を全身に送るポンプの役割を担っています。
この心臓の筋肉を始めとする全ての筋肉が正常に機能するためには、血液によって充分な酸素や栄養が供給される必要があります。

スポンサーリンク

 つまり何等かの理由によって血液の供給が途絶えてしまうと、筋肉は正常に機能しなくなり最終的には壊死を起こしてしまうのです。
この血液の供給の途絶えが心臓の筋肉に発生して壊死したのが心筋梗塞で、ひどい場合には命に関わる可能性も出てきます。
 心臓の筋肉に血液を送っているのは冠動脈と呼ばれる太い血管なのですが、この動脈が血液を送れなくなる原因は複数あります。
代表的なものとしては加齢等によって血管が硬くなる動脈硬化によって、冠動脈内に血栓が出来てしまうというものが挙げられます。
それ以外にも冠動脈の近くにある筋肉に何等かの理由で過度の収縮が起こると、冠動脈を圧迫して血流を妨げる事もあります。
 心筋梗塞を発症した場合に現れる症状としては胸の痛みや圧迫感、締め付けられるような感覚等が挙げられます。
これらの症状は30分以上継続する事が多く、ひどくなると呼吸困難や意識障害等の症状が現れる事もあります。

スポンサーリンク

 心筋梗塞の治療方法は複数ありますが、出来るだけ素早く冠動脈の血流を正常に戻す事が目標となります。
具体的な方法としては血栓を溶かす薬の投与や、手術によって血流を蘇らせる等の方法があります。
 手術の場合にはいくつかのやり方がありますが、代表的なのがカテーテルとバイパスという2種類になります。
カテーテルとは手首や太もも等の血管から専用の器具を挿入して、患部に風船のような物等を挿入して血管を広げるというものです。
これに対してバイパスとは患者の他の部分から採取した血管を冠動脈に繋ぐというもので、血液の流れる道を新たに作るという方法になります。
 ちなみに手術の場合にかかる時間については、どういった手術を行ったかによって異なってきます。
具体的にはカテーテルを行った場合には軽度ならば1時間以内、難しいものであれば数時間に及びます。
バイパスの場合にはカテーテルよりも難しい場合が多く、大体3〜5時間程度はかかってしまうと言われています。

スポンサーリンク