心筋梗塞 検査 費用

心筋梗塞の検査費用の基本的知識

心筋梗塞の診断においては、様々な検査が存在しますが、その費用について関心を持っている人は少なくありません。
心筋梗塞の検査を行う場合、どれくらいのトータルコストがかかるかについてですが、
まず第一に、健康保険制度、或いは国民健康保険制度によって、医療費総額の負担分は2割から3割で済むことになります。

スポンサーリンク

 当人が、70歳以上でありますと2割負担それから、70歳未満の人と、所得もある70歳過ぎの方に関しましては3割負担になってきます。
 心筋梗塞の基本的な検査につきましては、胸部レントゲンそれから、心電図そして、血液検査がメインですが、こうした検査のみで終了すれば、保険制度により費用は5000円ぐらいと言えます。
 心臓CTが加わればそれに加えて1万円ほど必要です。
さらに、夜の時間帯や休日ですと時間外診療が必要になりますから留意することが大切です。
更に、時間もそれほど必要ありません。
ですから、心筋梗塞のサインを感じたなら、まず第一に病院にかかることを意識しましょう。
例えば、心臓カテーテルといった高レベルの検査が入り用となり、治療法や外科手術が不可欠になった場合、入院することになります。

スポンサーリンク

 心臓カテーテル及び入院3日で10万円前後の費用がそれから、冠動脈カテーテル治療で入院が数日必要となり数十万円、外科手術となりますと100万円を上回るケースも発生します。
こういった高い価格の医療費となる場合、健康保険、あるいは国民健康保険に高額療養費制度が存在しますので、それを活用することになります。
 1つの例として、基本検査において、悪い結果が出て、追加が入り用と医者から告げられたケースでは、70歳未満は限度額適用認定証を協会けんぽあるいは市町村役場で前もって発行し、医療機関に出せば、所定の制限額までの支払で済むことになります。
 所得に応じて、最大限度額が変わります。
70歳を超える人や収入額の多くない人は限度額が下がって、費用を軽減できますので、高額療養費制度についての詳しい部分について、医療機関の窓口に問いあわせしましょう。

スポンサーリンク