心筋梗塞 入院 日数

心筋梗塞の治療での入院日数は短縮傾向にあります

心筋梗塞とは、心臓疾患の一種です。
心臓の血管に血栓が溜まることによって血液の流れが滞り、血液が流れない血管の周辺の筋肉が壊死し、
心臓の機能が低下する症状になります。

スポンサーリンク

主な原因は食事や睡眠などの生活習慣の乱れが影響し、さらに多くの方が生活習慣病を持病として患っていことから患者も年々増加傾向にあります。
患者の増加によって治療に対応する医療機関が増加し、最新の治療方法の確立や設備、専門医の育成が進んだことにより、治療に掛かるリスクも軽減され、入院の日数についても短縮されている傾向になっており、三日程度で退院することが可能となっています。
入院の日数は短縮傾向にありますが、心筋梗塞は再発リスクが高いことから定期的な検査が必要となります。
しかしながら、入院中を含めて生活習慣を改善する指導を受けることが出来、検査時に問診も受けるので、生活習慣に関しても定期的にも見直すことによって心筋梗塞を予防することが出来ます。
心筋梗塞の治療による入院日数は、一週間から十日程度となっています。
入院期間が短い理由には、主にカテーテル手術が用いられていることが挙げられます。

スポンサーリンク

カテーテル手術とは、カテーテルと呼ばれる細い管を足の太もも周辺の血管から通し、心筋梗塞の原因である心臓の血管を処置します。
処置は、基本的には血栓を駆除しますが、必要に応じて収縮した血管を拡張し、固定するなどの治療を行います。
身体を開く場所が少ないことから体への負担が少ないので、回復が早く、社会復帰にも容易にできることから採用する医療機関が増えているので、入院の日数が短くなっている傾向があります。
また、入院では手術による治療の他に食事療法なども行われ、特に注目すべき点は生活習慣に関する指導が行われます。
心筋梗塞の主な原因は生活習慣のため、糖尿病や高血圧といった生活習慣病も併発している場合も多いことからトータルに治療を行い、日数の大部分を占めています。

スポンサーリンク