心筋梗塞 治療 期間

心筋梗塞の治療期間は一生涯で、手術は短くなっています

心筋梗塞は心臓疾患の一種で、生活習慣に大きく寄与する病気となっています。
このため、再発する可能性が非常に高い病気でもあることから治療期間は一生涯続きます。
主な治療は医療機関にて年に一回の検査が行われ、CTやレントゲン、血液検査など様々な治療が行われます。

スポンサーリンク

さらに普段の生活状態を確認するための問診などといった経過観察が行われます。
また、心筋梗塞は生活習慣が影響することから糖尿病や高血圧といった生活習慣病も併発していることも多く、同時に治療を行います。
生活習慣病が改善傾向に向かうことによって心筋梗塞の再発も防ぐことが出来ることから投薬を中心に食事療法や運動療法などが用いられ、管理栄養士などの指導を定期的に受けることになっています。
また、医療機関自体も設備や専門医が整備されていることにより、心筋梗塞を発症時の治療についての期間は短くなっています。
このため、生存率も高くなっている病気となっています。
心筋梗塞とは、心臓の病気です。
心臓の血管内に血栓が溜まることによって血液の流れが滞り、血栓によって流れなくなった血液が血管を破き、流れなくなった血管の周辺の筋肉が壊死して心臓の機能が低下する症状を指します。

スポンサーリンク

治療で手術を選択した場合には、一週間から十日前後の期間で完了します。
短い期間となっている理由として採用されている治療が体への負担が少ないというメリットがあります。
手術はカテーテル手術が用いられ、カテーテルという管を足の血管から伝い、心臓の血管を手術します。
手術は、血栓の除去から血液が滞ったことによる血管の拡張などが行われ、必要に応じて専門器具を用いて血管の補修も行います。
手術では、身体を開腹させる箇所が少ないので、心臓の疾患部や体力の回復が早くなっているから期間も短くなっています。
さらに近年では、カテーテルを通すための足の血管部分に通す穴も少なくなっているので、より体への負担が小さくなっています。

スポンサーリンク