狭心症 ステント 寿命

ステントには寿命がありますが、狭心症の治療に有効です

狭心症では、カテーテル治療が用いられています。
カテーテルと呼ばれる管を足の脹脛の近くから血管を伝って心臓の血管に溜まっている血栓を除去し、血栓によって細くなった血管を拡張させ、その際に使用されるのがステントです。

スポンサーリンク

ステントを使って固定することで、血管の収縮を防ぐことができ、血液の流れをスムーズに行うことができます。
また、拡張が上手くいかない場合には、バルーンという血管を膨らませる器具も利用されることもあります。
しかしながら、ステントは血管内に固定させることから寿命があります。
基本的には問題ありませんが、再び狭心症を起こすような生活習慣を続けていることによってステントの部分にも血栓が付着することがあり、ステントの寿命を短くする場合があります。
寿命が起きた際には、再び狭心症を発症している場合が濃厚なことからすぐに再発した狭心症を治療することが必要になります。
多くの場合、定期検診して発覚するので、すぐに治療を受けることができます。
狭心症の治療にステントがよく用いられます。

スポンサーリンク

狭心症は、心臓の血管が血栓によって血流が滞り、滞った血管が収縮し、収縮した周辺の筋肉が壊死して心臓の機能が低下する症状を指します。
このため、治療には収縮した血管を拡張させる必要があり、拡張させた血管を固定するために利用されています。
素材は、カーボンなど様々なものが使用され、メーカーや採用している医療機関によっても異なります。
しかし、血管内部に利用することから寿命は半永久的に使用でき、耐性も非常に優れています。
ただし、血管内に血管とは違うものを装着することから狭心症の原因でもある血栓が付着しやすくなっているので、再発の症状がある場合には、血栓が付着して寿命を迎えている可能性が高くなっています。
寿命を迎えた際には、新たに手術による治療を受け、ステントの交換と血栓の除去を行い、血管の拡張が行われます。
軽度の場合には、投薬にて血栓を除去する場合もあります。

スポンサーリンク