心筋梗塞 前兆 肩こり

肩こりは心筋梗塞の前兆の1つ

心筋梗塞の前兆となる病気ととして知られているのが、狭心症です。
狭心症は心臓の血管に狭窄はあるものの、閉塞までには至ってなく、それ故に心臓への血流もありますから、
心筋は壊死していない状況です。

スポンサーリンク

ただ、そのまま血管の狭窄を放置してしまうと、更に狭窄が進む可能性があり、また、現時点でも血栓が詰まりやすい状況ですから、心筋梗塞の前兆だと言われる病気になっているのです。
心筋梗塞と狭心症の症状は同じであり、代表的な症状は胸の激痛や酷い圧迫感です。
この症状が長くても15分程度で治まれば、狭心症だと言われています。
ただ、心筋梗塞なのか、狭心症なのかを判断する必要はないと言えます。
心筋梗塞であるのならば、即刻、治療を受ける必要があります。
なぜなら、壊死した心筋を回復させる治療法は存在しておらず、そのため、直ちに心筋の壊死を食い止める必要があるからです。
それなのに、狭心症かもしれないと様子を見ていたら、治療開始が遅れてしまうことになりますから、胸の激痛や酷い圧迫感を感じるのであれば、すぐに医療機関へ向かうべきなのです。
他にも前兆はあり、冷や汗や吐き気が該当します。
ただ、冷や汗も吐き気も、前述した胸の激痛や酷い圧迫感も心筋梗塞であるか否かは別にして、明らかに体調不良だと考えることができます。

スポンサーリンク

しかし、そうではない前兆もあるのです。
例えば、肩こりです。
どうして肩と心臓が結びつくのかというと、痛みを感じる経路が一緒であり、そのため、脳が錯覚を起こしてしまうからです。
肩こりと心臓の異変が結びついていることは一般的に知られていないことであり、しかも、肩こりを抱えている人は非常に多くいますから、肩こりを感じたとしても、いつものことかと軽く考えてしまいがちです。
しかし、命に関わる深刻な病気の前兆である可能性もありますから、肩こりを軽く考えるのは禁物だという認識を持つべきです。
ポイントとなるのは、こりは左の肩のみに発生することです。
もし、左の肩のこりが、いつまで経っても改善されない、それどころか酷くなる一方だという場合、あるいは、慢性的な肩こりであったとしても、いつもとは違うこりを左肩に感じるというのであれば、心筋梗塞を疑い、医療機関を受診するべきです。

スポンサーリンク