軽い 心筋梗塞 症状

心筋梗塞は出てくる症状が軽いこともあります

細胞を働かせるためには、栄養分と酸素とが必要不可欠となっています。
そのため人間の体内では、栄養分と酸素とが、血液によって全身の細胞に運ばれているのです。
心臓の場合、心臓を囲むように存在している冠動脈によって、栄養分と酸素とが運び込まれています。

スポンサーリンク

しかしこの冠動脈が狭まったり詰まったりすると、血液がうまく流れなくなります。
これによって、心臓を動かしている心筋の細胞が力を失ってしまうことが、心筋梗塞です。
心臓は、全身に血液を送り出している臓器なので、心筋梗塞になると、心筋だけでなく全身の細胞が弱っていくことになります。
すみやかに適切な処置をしなければ、体の随所で細胞が力尽き、組織が壊死していくことになります。
具体的には、発症後2時間以内に病院を受診し、冠動脈にカテーテルを通すといった治療で、冠動脈内での血流を再開させる必要があるのです。
こういった処置により、後遺障害の残る可能性が少なくなります。
心筋梗塞では多くの場合、みぞおちを中心とした激痛や呼吸困難といった症状が出てきます。
この痛みと呼吸困難により、顔色が悪くなり、多くの冷や汗も出てきます。

スポンサーリンク

突然倒れたり、意識が朦朧としたりすることも多くあります。
こういった症状が出た場合には、すみやかに周囲に救いを求めたり、救急車を呼んだりすることが大事です。
先述したように、処置が早いほど、体の機能を残しやすくなるのです。
しかし心筋梗塞では、しばしば軽い症状しか出てこないこともあります。
たとえば体の疲れやすさや吐き気、多少の冷や汗などです。
また胸の痛みが少なく、それが肩に伝わることで肩こりのような症状が出てくることもあります。
いずれも軽い症状なので、心筋梗塞と気づかず、放置する人も多くいます。
しかし放置していると、冠動脈の状態がどんどん悪くなり、手遅れになることもあります。
そのため軽い症状でも軽視せずに、念のために心電図などの検査を受けることが大事です。

スポンサーリンク