心筋梗塞 症状 兆候

心筋梗塞になる兆候の症状

心筋梗塞は、血流が途絶えて血管に血液が詰まってしまう病気です。
放置しておくと死に至る恐ろしい病気です。
病気になる前に兆候があります。
しかし、軽い症状の場合には、見逃してしまい急に心筋梗塞で亡くなる方も少なくありません。

スポンサーリンク

少しの症状でも普段とは違う症状がある場合には、安心するためにも検査を受けることをお勧めします。
心筋梗塞の病気になる兆候とは、胸の痛みです。
胸が熱くなったり痛みが継続して起こることもあります。
胸の痛みでも急な激しい鈍痛で動けない時には、危険なサインなので急いで救急車を呼びましょう。
周囲の方に助けを求めましょう。
一刻を争う危険な状態です。
その他の兆候の症状は、めまいや吐き気、むかつき、全身のだるさ、胸の痛みでも我慢できる痛みがあり、痛みが治まることを繰り返すなどが考えられます。
胸に普段は経験していない痛みがある時には病院で検査を受けましょう。
早期発見が重要で早めに治療をすることが大切です。
心筋梗塞にならないためにも予防することが重要です。
誰でも病気になる可能性はあります。

スポンサーリンク

特に心筋梗塞になりやすい方は注意をして気をつけておきましょう。
糖尿病の方、肥満体型の方、中高年、血圧が高めの方、不整脈を起こす方、病気の方などは心筋梗塞になりやすいです。
また、タバコやお酒も良くありません。
毎日の食事、軽い運動、睡眠、ストレスを溜めないなどの普段の生活習慣が大切です。
血液をサラサラにするためには、食事が重要です。
玉ねぎやニンニクなどを使った食事、食物繊維豊富な野菜、甘いものの代わりに果物などが良いでしょう。
食事をして代謝を上げるために軽く体を動かすと代謝や血流が良くなり消化も助けます。
ストレッチや体を揉みほぐすことも効果があります。
食事や運動などは、心筋梗塞の予防だけに効果があるのではなく、糖尿病や血圧の高めの方などにも効果があります。
病気予防をすると病気になりにくくなりますし健康な体を維持することもできます。

スポンサーリンク