心筋梗塞 前触れ 症状

心筋梗塞の前触れの症状は、めまいや冷や汗、歯痛などがあります

心筋梗塞とは、心臓の血管が血栓などの原因によって血管が収縮し、
血液の循環が滞ってその血管の周辺の筋肉が壊死して心臓の機能が動作しない症状を指します。
心筋梗塞は、重症にならなければ自覚症状を感じることがありませんが、前触れとして歯痛や背中に痛みを感じるようになります。

スポンサーリンク

これは心臓の機能は、一部神経にもつながりがあることによって心臓に異常があることで、神経の一部にも異常がきたすためです。
これらの前触れの症状が発生した際には、掛かりつけの医師に相談することで、レントゲンや心電図といった検査も必要に応じて行ってくれるので、心臓の状態を把握することができます。
さらに血液などの検査も行ってくれるので、健康状態も確認することができ、心筋梗塞の要因となる生活習慣の改善も行うことができます。
生活習慣を改善することによって、前触れの段階で症状を好転させることができるので、心筋梗塞の予防にもつながり、防ぐことができます。
心筋梗塞の前触れに起こる症状として、心臓の機能がうまく働かず、血液が流れないことから冷や汗やめまいなどが生じます。
人によっては心臓が一瞬、止まるような状態を感じる場合もあり、様々な症状が引き起こされます。

スポンサーリンク

前触れのような状態を医師が判断した場合には、常時、心臓の音を確認するポータルの心電図を装着して心臓の状態を把握します。
このポータルの心電図で問題が発生した際には、心筋梗塞の治療が行われますが、前触れでも初期の場合には心電図では判断できない場合があります。
この場合には、CTなどより高度な機器を用いて検査する場合もあり、様子見などの処置がとられることができます。
しかしながら、心筋梗塞は前触れの段階で、早期発見することによって早期治療を行うことができ、場合によっては完治も行うことができるので、早めに医療機関を受診することが求められます。
最近では心臓を専門とする診療科も増加しているので、利用しやすくなっています。

スポンサーリンク