異型狭心症 ストレス 関係

異型狭心症とストレスは関係があるのか

異型狭心症という病名を聞いたことがあるでしょうか。
この病気は心臓に酸素や栄養を送る冠動脈が極度に縮んだり、狭まることによって起こってしまう病です。
症状としては何かをきっかけに突然胸が締め付けられるような感覚がしたり、場合によってはのどに違和感を感じることもあります。

スポンサーリンク

では、この病気は何が原因となって引き起こされてしまうのでしょうか。
まず第一に言われているのは喫煙です。
喫煙は異型狭心症を引き起こす最大の危険因子だと分かっています。
そして次にストレスです。
実はこの病気、ストレスも大きな関係があると言われているのです。
現代の日本人は仕事や学校、人間関係などで日常的にストレスをため込んでしまいがちです。
しかし、それは精神だけでなく体にも大きな影響を及ぼしてしまいます。
例えば、不眠やアルコールの過剰摂取です。
ストレスによって引き起こされる行動は異型狭心症をはじめとして色々な病気にかかりやすくなってしまいます。
このようにストレスと異型狭心症には大きな関係があります。
では、異型狭心症を予防するためにはどうすればよいのでしょうか。
まずは禁煙です。

スポンサーリンク

喫煙は他にも様々な病を引き起こす原因となります。
ですので禁煙をすることで異型狭心症だけでなく、他の病気の予防もできます。
そして次に、ストレスを出来るだけ溜め込まないことです。
大きなことから小さなことまで全てにイライラしてしまうと疲れてしまいます。
なので、なるべくストレスは溜めないようにしましょう。
例えば、その原因と感じていることを家族や信頼している友人に話してみたり、運動したりすることで大分気持ちは楽になるはずです。
しかし、それでももし異型狭心症にかかってしまったときには、治療が必要になります。
治療は薬物投与が主になります。
もし診断された場合には処方されたお薬を飲み忘れたりしないよう気をつけて下さい。
そして、心にゆとりを持って生活して下さい。
疲労やイライラはさらに病気を悪化させてしまう可能性があります。
ですので、その点は気をつけましょう。

スポンサーリンク