狭心症 脈拍 血圧

狭心症は、脈拍や血圧に影響を及ぼします

狭心症の原因とは、日常生活での食事やライフサイクルなどの生活習慣が大きく影響しています。
このため、高血圧や糖尿病とも大きく関わりがあり、狭心症を発症した際にはこれらの症状も発症している場合も多いので、
同時に治療が行われます。

スポンサーリンク

狭心症の治療に関しては、軽度の場合には投薬治療が行われますが、重度の場合には手術が行われます。
手術はカテーテル手術という術式で、カテーテルと呼ばれる細い管を足から投入し、血管を伝って心臓の患部を処置します。
この手術は開腹する必要がないことから身体への負担が少ないので、社会復帰しやすいとして治療方法として一般的になっています。
治療後は、食事療法や運動療法を用いて高血圧と糖尿病の治療も行われます。
ただし、高血圧と糖尿病は症状を抑えることができますが完治することがなく、狭心症の症状についても一度罹れば、再発のリスクがあることから長期間の治療計画が策定され、定期的な検診が求められてます。
狭心症とは、様々な要因で蓄積された血栓が心臓の血管を圧迫し、血液の循環を阻害することによって心臓の機能を低下させ、重症になると血管が通る心筋が壊死する心臓の疾患です。

スポンサーリンク

このため、症状としては血流が阻害されているので血圧が高く、心臓の機能も低下しているので、脈拍が不規則になります。
そして、血圧や脈拍の症状が進むことによってめまいや吐き気、冷や汗などの症状も引き起こし、意識を失う場合もあります。
狭心症の診断については、血圧と脈拍のチェックから始まります。
携帯の心電図を装着して日常生活の脈拍を計測し、不規則になっていないかを確認し、さらに血圧に関しても確認が行われます。
また、狭心症と診断が行われた場合には、専門の診療科や設備がある病院への紹介が行われ、適切な治療が行われます。
特に手術では、カテーテル治療が用いられ、血管に管を通して直接、心臓の血管にある血栓を除去させ、収縮した血管の拡張などを行います。

スポンサーリンク