狭心症 発症 年齢

狭心症の発症年齢が低年齢化しています

狭心症は、これまで中高年の病気と考えられてきましたが、最近では30代前後の年齢の方の発症も年々と増加傾向にあり、
低年齢化が進んでいます。
その要因は、ライフスタイルの多様化にあり、欧米の食生活の導入やコンビニといった出来合いの食事などによって栄養バランスが偏った食事が増えていることがあります。

スポンサーリンク

さらに働き方も様々になっているので、朝と夜の時間バランスがなくなり、生活習慣も乱れやすくなることで、現代病でもある高血圧や糖尿病が多くなっています。
これに伴って高血圧や糖尿病といった生活習慣病と関連の深い狭心症も発症する傾向が高まり、30代といった若い年齢でも発症が増えています。
ただし、30代といった若い年齢層の狭心症の発症の大きな特徴は、あまり自覚症状を感じることがなく、高血圧や糖尿病といった生活習慣病も狭心症が発覚した後に診断されるケースが多いので、重症化している可能性が高く、治療方法も手術を用いられることが多いです。
狭心症の発症年齢は、年々、低年齢化しています。
年齢が若い場合は生活習慣が大きく関係しており、早期発見することによって重症化を防ぐことができます。

スポンサーリンク

早期発見の場合には、最近では投薬治療も採用され、狭心症の原因でもある血栓を溶かして症状を改善させることができます。
さらに投薬の場合には、手術や入院、費用といった様々なコストの負担も抑えることもできるので、経済的にもお得にすることができます。
また、早期発見のメリットは、治療面だけでなく、併発する可能性が高い生活習慣病に関しても同時に予防することができます。
一度、発症すると完治することは難しく、今後、狭心症の治療を行う際には生活習慣病を発症していることによって治療方法も大きく異なり、選択肢も狭めることになるので、予防することが重要になります。
そして、治療が受けやすい環境が整っていることも魅力となっています。
専門の診療科や病院も増えているので、安心して治療が受けられます。

スポンサーリンク