急性 心筋梗塞 再発

急性の心筋梗塞は若い年齢に多く、再発リスクが高いです

心筋梗塞は、再発リスクの高い病気です。
その理由として、心筋梗塞は生活習慣と密接に関わっている病気で、
長年の生活習慣を変えることが難しいことから再発する可能性が高くなっています。

スポンサーリンク

さらに生活習慣と関わることから持病や併発している病気も多く、特に高血圧や糖尿病といった生活習慣病を患っていることも多いです。
これによって生活習慣病を治療する処方箋による副作用によっても再び発症する場合もあります。
中でも注意が必要なのが、急性の心筋梗塞です。
急性の場合は、若い年齢で発症することが多く、生活習慣病なども診断が行われていない時に診断されるので、重症化している可能性が高いです。
また、若い年齢のため、再発するリスクも非常に高なっています。
心筋梗塞の予防や再発を防ぐためには、定期的な検査が必要となっており、最近の健康診断では、若い年齢でも心筋梗塞などの生活習慣の病気についても検査が行われるので、把握しやすい環境が整備されています。
心筋梗塞とは、心臓の血管が生活習慣によって溜まった血栓によって血流が滞り、滞った血管が収縮し、血液が流れなくなったことによって周辺の心筋が壊死したり、血栓周辺の血管が破れるなどの心臓の疾患です。

スポンサーリンク

急性で発症することが多く、治療ではカテーテル手術と呼ばれる治療が用いられます。
カテーテルという細い管を足の血管から心臓の血管まで伝って血管を治療します。
しかしながら、収縮した血管を固定させるために利用されるステントが生活習慣によって血栓が付着しやすいことや心筋梗塞の方の多くが血圧が高い傾向にあることから血管に損傷しやすいので、再発しやすいです。
しかし、一度発症すると、定期的に医療機関で検査を受けることが多くなり、さらに検査を受ける医療機関も専門の設備や専門医が整備されている病院なので、早期発見をしやすくなります。
これによって、急性的な病気としての発症リスクを抑えることができ、早期治療が可能となります。

スポンサーリンク