心筋梗塞 壊死 その後 回復

心筋の壊死による心筋梗塞は、カテーテルでその後の回復が早いです

心筋梗塞は心臓疾患の一種です。
心臓の血管が生活習慣の原因による高血圧や血栓によって血管が収縮し、
血液の循環が上手くいかず、心臓の筋肉が壊死してしまう症状になります。

スポンサーリンク

処置としては、収縮した血管をカテーテルなどを用いて血栓の除去や血管を拡張させる手術を行います。
拡張が上手くいかない場合には、カテーテル手術から血管を膨らますバルーン手術と拡張した血管を固定する手術などが行われ、血流を改善させることによって心筋梗塞の症状を治療します。
この手術方法は、直接身体の内部にメスを入れないので、身体に負担が少ないとして心筋梗塞の治療に多く用いられています。
しかしながら、壊死した心筋はその後、回復することはないです。
それは一度壊死してしまった筋肉は血液が流れても筋肉の組織が回復することがありませんが、最近の研究では新たに細胞を移植することによって壊死した筋肉が回復するなどの報告があり、今後のさらなる研究や導入が期待されています。
心筋梗塞によって壊死した部分は、その後回復することが難しいです。

スポンサーリンク

しかしながら、心筋梗塞の症状を引き起こす血管が心臓の血管の末端などの場合には、カテーテル治療にて適切に治療することができるので、その後の回復が早いです。
カテーテル治療の利点は、足からカテーテルと呼ばれる細い管を身体に通して心臓の血管の異常を治療することから開腹する必要がないので、患者の負担が少ないことがあります。
このため、治療後は一週間程度で退院することができるので、社会復帰もしやすいとして最も利用されている治療方法です。
そして、心筋梗塞は、糖尿病や高血圧といった生活習慣病と併発している場合も多いことから同時に治療することもあり、食事療法が中心に行われます。
医療機関によっては心臓疾患と糖尿病を専門に治療を行う診療科もあるので、同時治療が広がっています。
また、心筋梗塞は再発のリスクが高いです。
その後は、年に一回程度の定期診断が必要となります。

スポンサーリンク