狭心症 痛み 場所

狭心症の痛みはこの場所にでやすい

狭心症といえば幅広い年齢層の間で発症する病気であるため、気をつけていかなければいけなくなります。
この狭心症という病気は冠動脈にある血管の一部が狭くなってしまい、それが原因で一時的に血流の流れが悪くなり酸素や栄養が不足してしまうため、心臓の筋肉が動かなくなったりするため、動悸・息切れ・頭痛・めまい・胸の痛み・呼吸困難・冷や汗等の症状が起きたりします。

スポンサーリンク

胸の痛みが起きる場所については胃の近くであったり、心臓の近くで起きたりします。
場合によっては背中に痛みが起きたりする事もあったりするため、痛みが起きる場所は複数あるという事が分かります。
少し経てば症状がなくなりもとの正常の状態に戻るのも狭心症の特徴の一つとなっています。
もし、外等の場所で狭心症と似た症状出て少し経っても症状が治まらない場合は救急車を要請して病院で検査を受けるようにお願いします。
また、狭心症と似た症状が頻繁に起き私生活や仕事に支障が出ているのであれば、すぐに病院にいき精密検査を受ける事をすすめます。
病院に行った場合は何科を頼りにしていけば良いのかというと、専門医が常駐している循環器内科・循環器科・心臓内科が無難であります。
病院を選ぶ時はできるだけ近場の場所を選び、経験豊富な医師がいる所が良いです。

スポンサーリンク

狭心症の精密検査はどういったのがあるのかというと、心電図・ホルター心電図・血液検査・胸部レントゲン・CT検査・心エコー・心筋シンチグラフィ・冠状動脈造影等になっています。
この精密検査によって狭心症を引き起こしているかいないかが分かり、症状が軽めであり緊急性がないものであれば、薬物療法を中心に治療が行われていきます。
緊急性があり手術が必要であれば入院する事になりカテーテルインターベンションか冠動脈バイパス手術を受ける事になります。
この手術方法は原因を引き起こしている血管に対して、正常の血管を繋ぎ合わせたりステントと呼ばれる道具を使い狭くなった血管を広げ血流の流れを正常にし酸素や栄養を心臓に送り届かせるようします。
手術後は治療を受けながら経過を診ていく事になっていて、3週間程で退院できるようになっています。
胸部・腹部の場所に痛みや違和感を感じたりしていて、長期間症状が治らないのであれば必ず病院に行くようにお願いします。

スポンサーリンク