労作性 狭心症 原因

労作性など複数ある狭心症の種類と発症原因

狭心症とは、数分〜10分程度継続する胸の痛みを伴う心臓病の一種です。
痛みが徐々に強くなっていく、狭心痛がこの病気の特徴として挙げられます。
尚、狭心症は、運動した際に症状が発生する労作性(労作時)と、運動には関係なく発生する冠攣縮性(安静時)の二種類に大別することが出来ます。

スポンサーリンク

労作性の場合は、動脈硬化の状態によって、安定・不安定・増悪性と更に細かく分けられ、冠攣縮性の場合には、リラックスしている時に突発的な発作に襲われる異型タイプがあります。
労作性狭心症の症状には、胸部の締め付け・圧迫感や痛みが挙げられ、喉・歯・肩・左腕などへ広がるケースもあると言います。
細かく見ていくと、安定狭心症では数秒単位の極短い発作に規則性が見られ、同じ運動を行なった時や決まった時間に発生する傾向にあります。
発作が不規則で突発的であれば不安定、痛みが強く発作の回数や時間も増加するようであれば増悪性と診断されることが多いです。
狭心症は、その多くが冠動脈の動脈硬化による冠動脈狭窄の血流障害が原因となって発症する傾向にあると言われています。
中には、動脈硬化が然程見られないにも関わらず、冠動脈の痙攣性収縮による攣縮が生じる場合や、大動脈弁膜症、川崎病の後遺症なども原因のひとつに考えられています。

スポンサーリンク

狭心症でも、労作性の場合は運動時の心筋虚血状態が原因として挙げられます。
冠動脈の血流を粥腫が妨げることが原因になっている場合は安定、不安定の場合は粥腫が破れやすくなっている・一部でも破れていることが原因として考えられます。
冠攣縮性のケースでは、冠動脈の一部分に激しい痙攣が見られる冠攣縮が原因のひとつになります。
異型タイプでは、動脈硬化の異常がみられないこともあって、発症する確かな原因は判っていないものの、ストレスが起因しているのではないかと言われています。
その他、微小血管狭心症と言うタイプもあり、この場合は冠動脈に異常は見られないものの、心筋の細かい血管の狭窄が、血流の配分へ支障を及ぼしていることが起因しているのではないかと考えられています。

スポンサーリンク