狭心症 病院 何科

狭心症の疑いがある場合には病院は何科に行けば良いのか

狭心症は冠動脈に流れる血液が、動脈硬化などが原因で流れが減少してしまう事で、
血液と酸素の不足が起こり、心筋が働かなくなる疾患です。
狭心症には、運動をした時などに症状がでるタイプの労作性狭心症と安静にしている時にも症状がでるタイプの安静時狭心症があります。

スポンサーリンク

特に安静時でも頻繁に症状が出る場合には、完全に血管が詰まり、治療にも緊急を要する心筋梗塞になる危険があるので注意が必要です。
狭心症の場合には、病院の診療科目は、循環器内科や心臓血管外科といった診療科が専門になりますが、通常は自分は何の病気かわからないという場合が多いので、何科の病院に行けば良いのかという事であれば、基本的には内科で問題はないといえます。
症状である、息切れや胸の痛みというものの本当に心臓が原因ならば、循環器内科や心臓外科の得意分野になりますが、肺の疾患が原因ということになれば、何科の病院と聞かれれば、呼吸器内科が良いという事になりますので、原因がわからない場合には何科と考える前に、かかりつけの内科を受診する事が基本なります。
狭心症の検査の場合には、心電図や心エコー、造影剤を利用したカテーテル検査などの方法がありますが、検査の医療器具などが整っている医療機関でないと完全な診断はできません。

スポンサーリンク

問診による診断で疑いがあれば、大きな医療機関や専門的な医療機関を紹介されることになりますし、かかりつけの医療機関が、循環器を得意とする医師であれば、診断までの検査器具があるばあいもあります。
ただ、カテーテル検査などは、あまり一般的な内科などでは行っていないので、規模の大きな医療機関で検査を受ける事になります。
しかしながら、胸を締め付けるような痛みが頻繁にあるような場合には、血管の狭窄もかなり進んでいる危険性もありますし、症状的に考えても心臓に何か問題があると疑える場合には、初めから循環器内科や心臓血管外科のある医療機関を訪れる事で、治療が遅れてしまうような事は少なくなります。
運動や労働などで、息が切れたりする事は比較的多くの人に見られる傾向がありますが、安静時にも頻繁に発作のような痛みが出るのであれば、かなり状況は進行している危険性もありますので、このような場合には直接循環器内科や心臓血管外科のある医療機関を受診することになります。

スポンサーリンク