狭心症でやってはいけないこと

狭心症でやってはいけないこと

狭心症の主な症状は、胸の痛み、胸が締め付けられる感じ、胸が焼けつくような感じです。
狭心症には、労作性狭心症や、安静狭心症などの種類があります。
労作性狭心症は、歩行等の体を動かす事やストレスが原因で狭心症を引き起こします。

スポンサーリンク

血液の供給量が不足した時に狭心症が現れます。
ほとんどの場合は、数分程度で治まり症状が改善します。
安静狭心症は、運動やストレスがなくても狭心症が起こる事が特徴です。
安静狭心症は異型狭心症と、不安定狭心症の2つに分類されます。
異型狭心症は、冠動脈の痙攣が原因です。
運動とは関係なく、冠動脈が痙攣を起こします。
夜間や明け方に狭心症の症状が現れます。
不安定狭心症は、労作性狭心症の発作を起こし、その後も1日数回も発作を繰り返しているような状態の事です。
心筋に血流を送る冠動脈の血管内腔が狭くなる事によって、心筋に十分な血流、酸素が取り組めないために胸の痛みが起こります。
原因の多くは、糖尿病や高脂血症、高血圧等によって起こる動脈硬化です。
狭心症でやってはいけないことがあります。
狭心症でやってはいけないことは、喫煙です。
タバコの煙には多くの物質が含まれ、特に循環器ではニコチンや一酸化炭素の影響が大きいと言えます。

スポンサーリンク

血管の内皮にも影響し、血管収縮、血管凝固、動脈硬化をもたらします。
また、狭心症でやってはいけないことは、長時間の入浴です。
長時間の入浴は、脱水によって血液がドロドロになります。
この状態は、血管に詰まりやすい状態と言えます。
狭心症の予防は、適度な運動やストレスを減らす事です。
早朝や、深夜は、冠動脈が日中より収縮している事が多いので避けて下さい。
起床後すぐに運動するのではなく、起床1時間後くらいが適しています。
また、精神的、肉体的ストレスがかかると、血液中のコレステロールが上昇して、動脈硬化が進行しやすくなります。
また、血中の交感神経系ホルモンが増え、血圧が上昇して冠動脈内皮の傷害が生じやすくなり、狭心症の引き金となります。
ストレスの少ないのんびりとした生活リズムを作る事が大切です。

スポンサーリンク