狭心症 症状 30代

30代にも狭心症の症状は、増加傾向です

30代でも狭心症の症状は増加傾向にあります。
その理由は、現代はストレス社会と呼ばれるほどに大きなストレスを抱え、さらにライフスタイルの変化によって多様化が進んでいることから生活習慣も乱れやすくなっています。

スポンサーリンク

このため、狭心症の症状を引き起こす原因でもある血管への負担が高まり、30代でも発症しやすくなります。
特に多いのが、勤務中での発症や仕事始まりでもある月曜日が多くなっています。
30代といった働き盛りの年代に狭心症の症状が増加傾向にあることから企業などでも積極的に取り組んでおり、健康診断や生活習慣と関係が深い狭心症を含めた病気を学ぶためのセミナーなどが開催され、企業によっては医療機関とも提携を行うことで、増加を抑制しています。
また、注目度の高さから最近ではテレビや書籍でも取り上げられる機会も多くなっており、医師による解説や実際の患者を用いて紹介も行っているので、必要な知識を身に付けることができます。
30代にも狭心症が増えています。

スポンサーリンク

特に30代は仕事などの関係からなかなか医療機関を受診せずに我慢する傾向もあるため、重症化しやすく、突発的な狭心症の症状が出やすいのが特徴になり、今後も増加が見込まれています。
狭心症の症状に関しては、血管内に溜まった血栓が心臓の血管内に付着することで血流が滞ります。
滞ることによって流れなくなった血管が収縮し、血液による栄養素を失った周囲の筋肉が壊死して正常な心臓の機能が果たせなくなる状態を指します。
主な自覚症状には、めまいや冷や汗、吐き気などが起き、重症化することで意識を失うことや死亡する場合もあります。
この病気は、再発する可能性が高い病気ですが、発症した30代から生活習慣などを改めることによって再発率を抑えることができ、さらに併発しやすい高血圧や糖尿病といった生活習慣病に関しても改善させることができます。
これによって結果的に健康的な生活習慣を過ごすことが可能となります。

スポンサーリンク