狭心症 運動不足 改善

運動不足による狭心症の改善とは

狭心症は、発作的に胸の痛みや圧迫感を引き起こしてしまう病気です。
胸の奥が痛い、胸が締め付けられたり抑えられた理する、胸が焼け付くような感じがするなどのほか、喉や背中の痛み、歯が浮く感じ、胃のあたりの上腹部の痛みや、肩から腕のかけてしびれや痛みが症状として現れることもあります。

スポンサーリンク

血管内腔が狭くなることによって心筋へ十分な血流や酸素が送り込めないことが原因となり、狭心症が起こります。
不規則な生活習慣や、遺伝による体質、重度の貧血などが原因となっており、生活習慣の改善によ症状が緩和することが期待されます。
具体的には喫煙、肥満、高血圧、糖尿気味、運動不足の改善を日常生活の中で見直していく必要があります。
禁煙とバランスの良い食事、適度な運動、ストレスをためずに規則正しい生活を起こることが重要です。
動脈硬化を完全に治すことは難しいため、これらの見直しによtって動脈硬化の進行を予防していく必要があります。
運動不足が由来となっている狭心症においては、運動不足を改善しようと急に激しい運動をすると心臓が全身にたくさんの血液や送り出そうとしたり、酸素を必要としたりするため酸素不足状態になり狭心症の症状が出てしまいます。

スポンサーリンク

そのため、身体に負荷をかけない程度の運動から始めることが大切です。
スローペースの散歩や、水中ウォーキング、全身を動かす掃除などを休みながら日常的に行うことで、運動不足を改善してまた狭心症により落ちがちになる体力不足を改めることができます。
運動を始めるのが難しいほど症状が重い場合には、まずは軽いストレッチから始めることも望ましいといえます。
身体に負荷のかかりやすい筋トレやマラソンなど激しい運動ではなく、緩やかに行える運動が狭心症では適しています。
また症状の重さに個人差がある狭心症では、もしも運動中に発作がおきたときは運動不足でもむりに運動を続ける必要がなく、発作がおさまるまでしゃがんだり楽な体勢で落ち着くことが重要です。

スポンサーリンク