狭心症 風呂 注意

狭心症と診断されたら風呂で注意すること

狭心症と診断されたり発作を起こしたりしたら、症状が酷くならないためにいくつか気を付けなければならないことがあります。
その一つが入浴することです。
まず、お風呂のお湯は高温にしないでぬるめにすることが大切です。

スポンサーリンク

なぜなら、高温のお湯は血圧をあげてしまい心臓に負担が大きくかかってしまうからです。
ですから、サウナなどもなるべく避けるほうが良いでしょう。
また、適度な温度で汗をかくことのできる岩盤浴などを利用したいなら、しっかりと水分を摂ることが大切です。
水分を摂らないと脱水症状になってしまうだけでなく、血液がドロドロの状態になってしまうので狭心症の患者にとっては注意が必要なのです。
他にも気を付けなければいけないことがあります。
お風呂に入る時には、脱衣所を温めておくということが必要です。
なぜなら脱衣所が寒いと、お風呂との温度差により血圧が上昇してしまうからです。
急に温めるのではなく、ゆっくりと体を温めることが大切です。
急に熱いお湯を体にかけてしまうと、心臓に負担となってしまうため注意が必要なのです。
ですから、バスタブにすぐにつかるのではなく、体をシャワーなどで温めてから湯船に入ることが大切です。

スポンサーリンク

お風呂の中ではあまり長風呂することも危険なので注意です。
なぜなら長風呂によって脱水症状をひきおこす可能性も考えられます。
水分が少なくなると、血液がドロドロになり固まりやすくなってしまうからです。
また、長風呂は水圧により血圧が上がるので、体力を消耗してしまいます。
心臓にも負担となるため狭心症の患者には危険なのです。
どうしても長く入りたいという人は、半身浴がおすすめです。
ぬるめでお湯の量を少なくして、水分を摂るためにお水などを持ち込んでおけば安心です。
バスタブから上がる際は、水圧により血圧が急に下がるため立ちくらみが起こることもあります。
急に立ち上がるのではなく、ひざをついたり浴槽に腰かけてから立ち上がるなど工夫をするだけで、立ちくらみや発作を防ぐことができます。

スポンサーリンク