狭心症 応急処置 発作

狭心症の発作と応急処置について

心臓に関する病気がいくつかあります。
このような状態が現れたときには、本人が非常に苦しそうな表情を見せるようになっているので、
どのような対処をすればいいのかわからないと慌ててしまうことがあります。

スポンサーリンク

しかしあらかじめしっかりと応急処置を把握しておくことで、いざというときに慌てることがありません。
狭心症とは、急に胸の痛みを訴えたり苦しいと感じることがあります。
このような症状が現れたときには、応急処置をする必要があります。
狭心症の応急処置として大切なことは、まず一番楽な姿勢となって静かにすることが必要になります。
狭心症の発作に関しては、急に強いみぞおち部分や左胸を圧迫されるというような痛みが発生するようになっています。
なぜこのような症状が現れるようになっているのかというと、血液が一時的に流れにくくなることが原因となっています。
非常に不快な痛みとなっていますが、血液の流れが戻ると痛みの症状も解消します。
発作が発生したときには、次のような点に注意をします。
それは一番楽な姿勢を取ると言うことです。

スポンサーリンク

椅子にゆっくりと座ったり、前屈みになったり背中を壁にもたれかけるというようなことを心がけます。
自分が一番楽だと感じる姿勢を取るようにします。
ここで注意をしなければいけないことがあります。
初めて発作が発生したと言う場合には、数時間は安静にして様子を見る必要があります。
また薬を服用するという方法もあります。
ここで服用する薬としては頓服薬があります。
発作が発生したときの薬を病院から処方されているという場合には、これを服用して安静を心がけます。
血液の流れが安定すれば症状が落ち着くようになっていますが、発作が治まってから病院を受診するようにします。
狭心症の発作に関しては、急いで歩いたり階段を上ったり、このほかには重い荷物を持ったり興奮をしたり食べ過ぎるというようなことで発症する可能性が高くなっています。
したがって注意が必要です。

スポンサーリンク