狭心症 症状 めまい

狭心症の症状の中にめまいはあります

幅広い年齢層の間で発症する狭心症は気をつけていかないといけない病気の一つとなっていて、
20代また30代の若者にも発症するリスクがあると言われているため注意していく必要があります。
狭心症を引き起こす主な原因については冠動脈の血管壁の部分にコレステロールの塊が溜まってしまいそれが発端で動脈が狭くなってしまう事から胸に違和感を感じたり痛みが起きたり、動悸また息切れ・「めまい」等の症状が起きたりしてしまいます。

スポンサーリンク

他にも肩こり・冷や汗・咳・呼吸困難・胃痛といった症状が発生したりする時もあります。
狭心症の症状の中には「めまい」も含まれていて、このめまいにもいくつかタイプがありどういったものがあるのかというと、周囲がグルグル見えてしまう「めまい」・立ちくらみを伴う「めまい」・周囲がフワフワしてしまう「めまい」があります。
ちなみに周囲がフワフワしてしまう「めまい」に関しては狭心症と関連性はなく、残った2つが狭心症の症状に該当すると言われています。
胸に違和感や痛みを感じたりしていて、それが長期間続いているようなら狭心症の疑いもあるためすぐに病院を受診して精密検査を受けるようにお願いします。
狭心症の診療を受ける際は病院の何科を頼りにしていけば良いのかというと、循環器科また循環器内科・心臓内科が無難となっています。
診察については問診・心電図・胸部レントゲン・採血・CT検査等になっています。

スポンサーリンク

治療方法に関しては薬物療法・カテーテルインターベンション・冠動脈バイパス手術があり症状や状況・検査結果によって選択する事が可能となっています。
細かな詳細についてはインターネットを使い検索すると詳しい情報を掲載されているWebサイトが複数あるため、そちらで確認する事ができます。
症状が重く状況や状態が悪い場合は冠動脈バイパス手術を受ける必要があるため、すぐに入院する事になります。
冠動脈バイパス手術については全身麻酔をして開胸し狭くなった血管の部分に対して正常の血管をつなぎ血液の流れを良くなるため、心臓に十分な酸素・血液・エネルギーを送り込む事ができます。
手術後は経過を見ながら治療を受け3週間程で退院できるようになっています。

スポンサーリンク