狭心症 心筋梗塞 移行

狭心症と心筋梗塞の違いと移行の仕方とは

狭心症と心筋梗塞は、どちらも心臓疾患としては代表的な病気で、似たような症状や治療方法の事もあり、混同している方もいるかもしれませんが、動脈硬化などが原因で冠動脈の血管が細くなり、心臓に送る血液や酸素の量が不足をしてしまい、胸に痛みが出たりするのが、狭心症と言います。

スポンサーリンク

一方、冠動脈の血管が塞がってしまい、心臓への血液が全くいかなくなる事で、心筋が壊死してしまいます。
これを心筋梗塞と言いますが、一度死んでしまった心筋はもとに戻る事はありません。
このような感じで症状や血管の状態的にも大きな違いがありますし、何よりも治療や予後に関しての状況も大きく変わってきます。
狭心症は、症状の出方も小さい事も多く、短時間になりますが、心筋梗塞は急激に症状が出て痛みも激しく長い時間になります。
どちらも動脈硬化がポイントになるのですが、血管がせまくなった状態から血管が詰まった状態という意味から考えると、狭心症が悪化して心筋梗塞に移行したという考え方になります。
狭心症が心筋梗塞に移行または悪化する事は、食生活や生活習慣の改善で予防できることでもありますが、実際に狭心症から心筋梗塞に移行をするまでは、時間をかけてゆっくりと進行していく事もあります。

スポンサーリンク

急激に大きな血栓ができてしまい冠動脈を塞いでしまうと、一気に心筋梗塞に移行してしまう事も考えられます。
実際に似たような症状という事からさほど気に留めない方も多いとは思いますが、その症状の激しさや時間、治療までの危険性などどれをとっても、できるだけ移行は防がなくてはなりません。
日頃の生活の改善により、動脈硬化の進行を防いだり、食事の内容も良いとされている物を積極的に摂取する事で、症状の悪化を防ぐ事ができます。
基本的には暴飲暴食を避けるようにして、血圧の上昇などを防ぐために塩分を控えめにすることはもちろんですが、飲酒は少ないと思える程度ならば問題はありませんが、量が増えると危険な要因が増加します。
最も控えなければならないのは喫煙です。

スポンサーリンク