狭心症 治療 期間

狭心症の入院期間は一週間から十日程度ですが、治療は一生涯です

狭心症の治療期間は、一生涯になります。
その理由として、狭心症は再発する可能性が高い病気なことから定期的に検査を受ける必要があり、さらに普段の生活習慣が影響する病気なので、高血圧や糖尿病といった生活習慣病を併発していることが多いです。

スポンサーリンク

この生活習慣病も完治することはなく、投薬や生活習慣の改善による治療が行われるので、一生涯に付き合う病気となっています。
しかしながら、定期検査を受けることによって、狭心症の再発を早期発見し、早期に治療を行うことができるので、症状の進行を抑えることができます。
さらに症状と関係が深い生活習慣病についても検査が行われるので、トータルでの治療が行われます。
そして、狭心症の再発の可能性が高いと言われる5年を過ぎても再発が行っていない場合には、生活習慣が改善し、良い方向に向かっているとして定期検査などの期間も伸ばされているので、治療に掛かる負担などを軽減させることができます。
狭心症の治療期間は、基本的には病院の一般的な入院期間である一週間から十日程度です。

スポンサーリンク

狭心症の手術は、カテーテルと呼ばれる細い管を足の脹脛から血管を伝って狭心症の原因である心臓の血管にある血栓を取り除き、収縮した血管を拡張させる手術を行います。
これまでの開腹する手術とは異なり、身体にメスを入れる部分が少なくなることから身体への負担が少ないことから回復にかかる期間も通常よりも早くなります。
このため、手術後には通常の生活に近い状態を送ることができるので、入院期間も短くなり、社会復帰も容易に行うことができます。
また、手術から退院までの間は、回復に努めるだけでなく、今後の通院による治療や生活での注意点といったセミナーが開催されます。
これは医療プログラムに組み込まれており、医師や管理栄養士が講師となるので、医学的なアドバイスを行い、必要に応じて個別の症状に応じで相談にも応じるてくれるので、参考にすることができます。

スポンサーリンク