狭心症 症状 頻度

狭心症の症状と頻度について

心臓の筋肉(心筋)の細胞に栄養をあたえている冠動脈の壁に、年齢を重ねるにつれてプラークというゴミがたまると、
動脈硬化が進んで血管の内側が狭くなります。
糖尿病、高血圧、喫煙、肥満などの危険因子を既に持っていることが原因として考えられます。

スポンサーリンク

血流が不十分になるほど狭くなると、冠動脈が異常をきたして一過性の心筋虚血になり、胸痛や胸部圧迫感を感じるようになります。
これが狭心症で虚血性心疾患のひとつです。
一方、完全に冠動脈が閉塞してしまったり、著しい狭窄が起こって心筋が壊死してしまう場合は、心筋梗塞といいます。
一般的には、重い荷物を持ったり坂道を上る時など、運動等で体を動かした時に心臓に負担がかかって充分な酸素が供給できずに起こる労作性狭心症と、睡眠中や安静時に発作を突然起こす安静時狭心症、冠攣縮性狭心症に分類されます。
前者は主に冠動脈の動脈硬化によって内径が狭くなることが原因で、後者は冠動脈の一過性の痙攣が原因であるといわれています。
頻度としては労作性の方が多くなっています。
自覚症状は胸の痛みもありますが、胸がしめつけられる、胸の中が焼けつくといったような胸部絞扼感や胸部圧迫感、胸部重圧感が主な症状です。

スポンサーリンク

痛む部位は前胸部が最も多いですが、左肩、背中、首、頬、歯、後頭部、みぞおちなどに出現することもあります。
症状の持続時間は、労作性狭心症では多くが15分以内に消失します。
発作の多くは労作をやめれば5分以内に消失します。
冠攣縮性狭心症の場合は、症状の程度が強く持続時間も数分から30分も続き、動悸、不整脈、冷汗、吐気や嘔吐、排便、更に意識消失を伴うものまであります。
労作をやめても発作が10分以上持続したり安静時に発作が生じた場合、または発作の回数が比較的安定していたのに急激に頻度を増した場合は、不安定狭心症と判断されることがあります。
この症状は発作の起こり方がやや異なり、冠動脈がほぼ完全に塞がってしまう心筋梗塞に近い状態へ移行する頻度が高くなる可能性があるので、速やかに専門病院の受診が必要です。

スポンサーリンク