狭心症 診断 方法

狭心症の診断方法は、部位の特定と生活習慣病の把握が行われます

狭心症の診断方法は、まず問診から行われます。
問診では普段の生活の中での心臓の状態や違和感を感じた時の状況などの聞き取りを行い、必要に応じて心電図を取ります。
しかし、心電図は安静な状態での測定を行うので、狭心症の状況の把握が難しいことから最近ではポータブルの心電図が用いられています。

スポンサーリンク

ポータブルの心電図では、一定期間、常時装着するので、日常生活を送りながら計測し、機器で記録されます。
この機器の記録を基に診断が行われます。
実際に狭心症の診断が行われた場合には、症状の原因である部位の特定や心臓の状態を把握する必要があります。
このため、レントゲンやCTといった画像撮影機器を使用して部位特定や心臓の状態を正確に確認し、必要な治療方法が決まります。
症状が軽度の場合には、投薬治療で十分に完治することができ、重症な場合には手術が行われます。
手術ではカテーテル治療が一般的に行われており、手術になった場合には血液検査など体の状態の確認も行われます。
狭心症の診断方法では、単に症状の確認だけでなく、生活習慣病の診断も行われます。

スポンサーリンク

その理由として、狭心症は普段の生活習慣によって血液中に血栓が発生し、血液の流れが悪くなることによって起こる症状です。
このため、同時に高血圧や糖尿病いった生活習慣も併発していることが多く、併発していることによって治療方針も大きく異なるからです。
高血圧の場合には、すでに血圧に大きな負担がかかっているので、血管の扱い方によっては血液にダメージが広がり、糖尿病の場合には、治療に用いる処方によって血液の濃度が変わるので、止血が難しくなります。
このため、治療方法を選ぶ前に併発している病気を診断することによって最適な治療方法を選択し、リスクを抑えることができます。
このため、最近の医療機関によっては、狭心症といった心臓疾患を専門に治療する診療科の他に糖尿病といった生活習慣病に特化した診療科も登場しているので、総合的な診断が行われやすい環境があります。

スポンサーリンク