狭心症 予防 食べ物

狭心症を予防することのできる食べ物について

狭心症とは心臓にある冠動脈を流れている血流が様々な理由で阻害され不足することにより、
心臓が酸素不足に陥る症状のことを言います。
心臓は酸素不足になると胸に痛みを伴い、死に至ることもある症状なのです。

スポンサーリンク

狭心症の原因は、動脈硬化です。
血管が動脈硬化を起こすことにより、血液の流れが悪くなってしまうからです。
動脈硬化は血液の塊である血栓を引き起こすこともあり、様々な病気の原因ともなってしまうのです。
動脈硬化や狭心症の原因の一つに食べ物や生活習慣があります。
運動不足やストレスフルな生活はもちろん、食べ過ぎたり太りすぎることも原因の一つです。
ですから予防するためには食べ物に気を付けて、規則正し生活を送ることが必要になります。
狭心症を予防するために効果のある食べ物があるため、それらを中心とした食事を摂ることが必要になります。
予防にはアルギニンという天然のアミノ酸を含む食べ物が良いとされています。
なぜならアルギニンには、血流を改善する効果があるからです。
血流を改善することができれば、血管を拡張することが可能になるので狭心症になりにくいとされているからです。

スポンサーリンク

アルギニンが多く含まれる食べ物といえば、大豆です。
豆腐や納豆、味噌など、アルギニンがたくさん含まれているのです。
予防するためにはそれらを積極的に摂取することが大切です。
また、アルギニンの吸収を良くするビタミンB6が含まれているにんにくやまぐろ、レバーなどといったものと摂取するとより効果的に体の中に吸収されるためおすすめです。
また、チョコレートも狭心症には良い食べ物の一つです。
チョコレートに含まれるカカオには、ポリフェノールが含まれており、それが血管を拡張するには良い栄養素だからです。
またコレステロールや血圧を下げるなどの効果もわかっており、健康に良い食べ物なのです。
カカオはビターチョコに多く含まれているため、チョコレートを選ぶならカカオがより高い比率で含まれているビターチョコレートを食べるのがおすすめです。

スポンサーリンク