狭心症 前兆 肩こり

肩こりは狭心症の前兆症状の場合があります

狭心症とは、冠動脈の血管が詰まってしまったり、狭くなって血液の流れが悪くなり、胸部に急な痛みを起こす症状です。
一時的な血流の悪化のため、血液の流れがもとに戻ることで痛みの発作はおさまります。
痛いと感じる発作は、数十秒から長くて15分程度とされ、それ以上長く痛みが生じる場合は狭心症ではなく心筋梗塞の疑いがありますので注意が必要です。

スポンサーリンク

発作は胸の一部がちくっと痛いという症状から、胸全体が締め付けられたような痛みまでさまざまで、中には自覚がない人までいます。
狭心症の主な原因は動脈硬化です。
動脈にコレステロールや中性脂肪などがたまって、血管が詰まったり、固くなり柔軟性を失う血管になることで、心臓に大きな負担がかかります。
まずは動脈硬化にならないよう、日頃の食生活や生活習慣を見直すことが大切です。
動脈硬化は加齢の他、高血圧や脂質異常症・高血糖・ストレスや喫煙も原因になります。
喫煙をやめ、適度な運動などをして動脈硬化を防ぐ工夫をしましょう。
狭心症には起こる前に前兆を感じる人がいます。
代表的な前兆症状は胸の痛みですが、その他肩こり・胃が重い・歯が浮いた感じ・喉がつまる感じがする・冷や汗がでる・息苦しい・動悸などの症状が現れることがあります。

スポンサーリンク

特に肩こりや背中、腰痛の痛みが左側に起こる人が多く、これも狭心症の代表的な前兆です。
近年ではパソコンやスマートフォンなどの長期利用などで肩こりの人が多く、いつものことと受け流しがちですが、いつもと違う痛みや、肩や腰が左側だけ痛いという症状が現れた時は専門医を受診することをお勧めします。
狭心症の痛みの発作が出やすい時は、入浴中やスポーツ観戦や他人との口論などで激しく興奮した時・運動中・急な階段や坂道を上り下りしている時などです。
こういった状況や前兆に気を付け、早期に発見して治療することが大切です。
狭心症の治療には薬物療法が用いられます。
その他、カテーテルを用いた検査などが行われることがあります。

スポンサーリンク