狭心症 症状 チェック

狭心症の症状チェック

狭心症は、血流が止まり一時的に酸欠となり起こる病気です。
急に心臓が圧迫されたような感じや心臓あたりが激しく痛む時には注意が必要です。
また、背中、顎、肩などに激しい痛みを感じる方もいます。

スポンサーリンク

冷や汗が出たり吐き気を伴う時も注意が必要です。
このような症状をチェック項目がある時には注意して病院へ行きましょう。
いつ起こるかということはわかっておらず運動中以外の睡眠中やリラックスしている時でも起こることもあります。
階段の上り下りや激しい運動をした時にも起こります。
狭心症は、早めに治療をすると治癒率が高い病気です。
日頃から様々な症状に注意してチェックしておきましょう。
予防をすることができるので生活習慣を正しくすることが重要です。
食事、運動、睡眠をバランスよく保ち規則正しい生活を心がけることが大切です。
血流を良くする人気の食材の玉ねぎ、栄養のあるにんにく、食物繊維の野菜などを食べ、刺激の強い辛いもの、甘いものを避ける食事が理想です。
狭心症になりにくい体作りをすることをお勧めします。
血流を良くすることで健康な体作りをすることができます。

スポンサーリンク

バランスの良い生活に加えて、体の揉みほぐしで血液を全身へ送ります。
特にふくらはぎや足つぼは血液を送るポンプのような働きをします。
全身のツボが足の裏にはあります。
それに自分でできる健康法でもあります。
肥満体型の方、欧米食を好む方、運動不足の方、糖尿病や高血圧などの病気の方、喫煙、お酒の好きな方などは注意が必要で食生活や普段の生活を見直す必要があります。
医師のアドバイスを受けながら体の改善をお勧めします。
自己判断は危険です。
肥満体型の方や病気をお持ちの方は自己判断は避けましょう。
狭心症の症状であるチェック項目に注目して予防をしましょう。
また、症状が当てはまる時にはすぐに病院へ行きましょう。
治療により改善します。
急な激しい頭痛、嘔吐、胸の痛みなどは特に注意が必要です。
狭心症は、いつ起こるかわからない病気ですが予防していると防げる病気でもあります。

スポンサーリンク